一人暮らしの費用の目標不達成

こんなんじゃ、また今年も目標不達成で終わってしまう。一人暮らしの費用はいつになったら貯まるのだろうか。それからしばらくしたある日、彼女から寮での生活をそろそろ卒業してほしいと言われた。面の向かってはっきりと言われたのは初めてだから、ものすごく驚いたと同時にやっぱりかとも感じた。一人暮らしの費用がどうとか、毎年話してるけど結局何もしないまま終わるのが、とうとう我慢の限界に達してきたらしい。ご意見はごもっともです。

一人暮らしの費用に言い訳は通用しない

こういう状況になったからには、やらなきゃいけない理由ができた。強制的に背水の陣になってしまったが、一人暮らしの費用の為にはこうするしかなかったんだろう。ここまで彼女を追いつめていたのは、自分が悪いわけだしね。もう口だけで一人暮らしの費用を準備するなんて通用しなくなった。逃げ道はあるが、それを選んだら俺の人生は終わりを迎えると思う。いいチャンスと捉えるべきだろう。じゃあ具体的にどんな行動を取るべきか。

一人暮らしの費用くらい楽勝なはず

まずは現状の支出の把握からになるよな。手取りで20万ほどあって、寮へは4万ほど払ってる。残り16万のうち、交通費と住民税を引いても3万弱程度。残りの13万の中から一人暮らしの費用分を残しておけばいい。こうやって具体的な数字にしてみると分かるけど、毎月かなりの余裕があるのに、何故ほとんど残ってないんだろうか?一人暮らしの費用くらい楽勝で用意出来るはずなのに、こんなにいったい何に使ってるんだろう。不思議だよな。

Copyright 一人暮らしの費用の準備が背水の陣になる 2017